茅ヶ崎教室ブログ

Q.受験生は遊んではいけないんですか?

こんにちは!

茅ヶ崎の個別指導塾スタディパークの水口です!

 

はい、本日はタイトルの通り「受験生は遊んではいけないのか?」というかなり使い古された議論ではありますが、こちらを考えてみたいと思います。

 

まずこれを読まれているあなたはどう思いますか?

受験生は遊んではいけないと思いますか?

・・・

・・・

・・・

 

とたくさんの人と議論ができれば一番いいのですが、そういうわけにもいかないので、ひとまず私の意見を言いますね。

 

 

受験生は遊んでもいい

私は「受験生は遊んでもいい」と思っています。

「むしろ積極的に遊ぼう!」「遊びまくったやつが受かる!」なんて意見を言えると、他の人と違って非常に目立つのかもしれませんが、私は割と一般的な意見を言います。笑

 

おそらく大多数の方も私と同じ意見なのかなと推察しますが、

私の意見は「受験生は遊んでもいい」けど、「条件付きでです。

 

私の思う受験生の基本的な生活

受験生は基本的には勉強をするものと私は思っています。

塾生たちには「生活に必要な時間(ご飯を食べる、お風呂に入るなど)以外は勉強に取り組むこと」と伝えています。(今年の受験生は中々この状態に導けていませんが。。。)

 

しかし、そうは言っても勉強ばかりだと気が滅入ってくるのも事実です。

気が滅入って集中を欠いた状態が続くのであれば、いっそのこと思い切って気分転換に遊んでしまうのは一向に構いません!

しっかりと遊ぶ時は遊ぶことにより、英気を養ったらまた勉強を新たな気持ちで頑張ればいいのです!

 

遊んでいる時間があれば・・・

「そんなことでは根性が足らん!遊んでいる時間があれば、単語の一つや二つが覚えられるだろ!」と怒られてしまいそうですが、遊ばないことによりずっと能率の悪い時間を過ごし続けてしまうよりは、遊ぶ時は遊んでしまい、遊んだ後の勉強の能率が上がる方が結局プラスになります。(もちろん一概にそうとは言えないですが)

賛否両論あるとは思いますが、私は受験生だって遊んでもいいと思っています!!

 

 

気をつけるべき点

ここまで言っておきながらですが、受験生の遊びには注意事項(条件)があります。

それは

・ダラダラと遊びの時間を過ごさないこと

・遊びの前後に必ず勉強をすること

 

以上2点です。

 

 

ダラダラと遊びの時間を過ごさない

ここで言う「ダラダラ」とは時間を決めずに遊んでしまうことを指します。

 

例えば、息抜きにちょっとYoutubeを見るとします。

1時間だけと決めたはずが、「あ、この人新しい動画を出してる!」と自分が決めた時間以上にYoutubeを見てしまい、気づけば2時間も時間が経っている。

こんな経験誰でもしたことはありますよね?笑

ちなみに私はあります。笑

 

こうなると、「もう少しだけ・・・」と歯止めがきかなくなります。

結局息抜きに流されて、勉強がほとんどはかどらないことになってしまいます。

 

 

ダラダラと時間を過ごすことを防ぐために

ダラダラと時間を過ごすことを防ぐためには、3つほど解決方法があります。

・自分の強い意思で息抜きを終わらせる

・誰かに自分を制限してもらう

・勉強しなくてはいけない環境に身を置く

 

自分の強い意思で息抜きを終わらせることができればこれが一番いいのだと思います。

しかし、これは3つの中で一番難易度が高く、おそらくこれができる人はめちゃくちゃ数が少ないと思いますので、やめておくことが無難かと。

 

誰かに自分を制限してもらうことは主に両親か先生にお願いするといいと思います。

お家で勉強する場合なら、「これから1時間テレビを見た後に必ず勉強に戻るから、1時間後にまだテレビを見ていたら、声をかけてほしい。なんならテレビを消してほしい」とお願いすれば、快くご両親も引き受けてくれるでしょう!笑

 

勉強しなくてはいけない環境に身を置くことは主に図書館か塾になるのかなと思います。

図書館は基本的には静かで、全く音のない環境で勉強したい人にとっては、最高の環境ではないでしょうか。

塾の場合だと、さらに塾の先生に自分を制限してもらうという反則的な合わせ技を使うことができます。笑

 

 

遊びの前後に勉強を入れる理由

どんなに勉強しようと思っていても、「『遊び』と『勉強』のどっちをしたいですか?」と聞かれたら、どちらをとりますか?

これは間違いなく、『遊び』ですよね。笑

この質問に躊躇なく『勉強』と言える人は何の問題もありません。笑

さあ、このページを閉じて勉強を始めよう。笑

 

人は基本的に楽をしたい生き物なんです。

だから放っておくとひたすら楽な方に流れます。

「受験勉強をしなければいけないのに、俺は(私は)遊んでいる!」というしてはいけないことをしている快感に味をしめないように気をつけてください。

なので、「遊べる!」という気持ちを利用して勉強をする(遊び前の勉強)、「遊んで楽しかった」という気持ちを利用してその後の勉強をはかどらせる(遊び後の勉強)ことにより、体を勉強モードに切り替えることが重要です。

 

 

まとめ

受験は長期戦なので、うまく息抜きをすることが必要です。

メリハリをつけて勉強をして、うまく成果に結びつけましょう!!

 

茅ヶ崎・辻堂の塾・学習塾・個別指導 STUDY PARK茅ヶ崎校
☎ 0467-84-9683
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-1-4 大和第一ビル3階
(受付時間:13時30分~22時00分 日曜日を除く)

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料相談・無料体験 実施中!

勉強法が定着し通塾を心待ちに!合格への扉はここから!
現状や勉強についての悩み、今の塾に対する不安、個別相談を希望される日時などお気軽にご相談ください。

無料面談・無料体験・お問い合わせ

PAGETOP