スタパーとは

教育理念

  • 1.「できる」の基準を高く定め、これを達成する
  • 2.「やればできる」と言わず、「やってできる」子を育てる
    (実践重視主義)

「わかる」から「できる」ようになるまで

勉強とは、自分が知らなかった事柄を知り、わからなかった内容をわかるようにし、できなかった問題をできるようにすることです。スタディパークでは学習の最終目標地点である「できる」を「記憶として定着した知識を活用し、中長期的に問題で正解が出せる状態」と定め、この状態まで生徒さんを導きます。

「知らなかった」ことから、スタディパークで提供する高い水準の「できる」状態になるまでには飛躍的な成長が必要になります。スタディパークでは、「知らなかった」状態から「できる」状態になるまでの「勉強」の進行段階を以下の5段階に分けて生徒さんの状態を確認しながら指導していきます。

  • 1.わかる 単語や用語、公式などを見たことがある、知っている、覚えている
  • 2.理解 単語や用語、公式が意味していることや利用方法、本質を把握している
  • 3.実践 把握した内容を使って実際に問題を解いてみる
  • 4.定着 以前解いたことがある問題が時間をあけても解けるかを確認する
  • 5.できる 記憶として定着した知識を活用し、中長期的に問題で正解を出せる

各段階ではテストによる関門を設け、「できる」状態になるまで着実に成長をサポートしていきます。

学習の進行段階

集団塾やこれまでの個別指導塾の問題点

学校では学習段階が異なる生徒さんが大勢いる中で画一的な授業が展開されるため、そもそもわからないで終わってしまう生徒さんが出てきてしまいます。集団授業では習熟度別にクラス編成され、それぞれのクラスにおいて生徒さんが「わかる」ように授業を行うため、「できる」ようになっているかの確認をせずに終わることがよくあります。大手の個別指導塾では学生講師が「わかる」ように説明はしてくれますが、「できる」ところまで指導してくれません。

実は、単に塾に通うだけでは、多くの生徒さんは「わかる」状態から「できる」状態にするまでにどのような段階を踏めばよいのかだけでなく、「どのような型」で学べば良いかを教わっていないのです。実際に「わかった!」と思っていたのに「できない」を繰り返し、その結果、勉強のやる気を削がれている子はたくさんいます。

学校と集団塾・個別指導塾における学習の進行段階
わかっていてもできない できないことによる悪循環

実践重視主義

スタディパークでは、勉強の進行段階の中でも特に「実践」を重要視し、その「実践」の型(勉強のフォーム)をも指導していきます。なぜなら、「実践」はそのでき次第で次にやるべきステップが決まる学習上重要な岐路だからです。例えば、まず実際に問題を解いてみて(「実践」して)から、その問題を解けたかどうかで次のステップを検討します。解けなかった場合は以前の内容や、「理解」の段階に立ち戻る必要があり、解けた場合はその記憶を長期的に残すための「定着」の段階に進みます。実践によって解ける問題と解けない問題を選別し、その問題を解くために必要だった前提となる問題に戻ったり、その単元の「理解」の段階に戻ったりした後は、また実践することで、最初はあいまいだった「わかる」程度の知識も、「理解」として深めることができ、徐々に問題も解けるようになります。

理解⇔実践→定着の具体的な例

スタディパークでは、その場で問題が解けたことを「できた!」とは呼びません。定期テストや受験においては、直近で解けた問題を出題してくれるとは限らないからです。理解と実践を繰り返して得た知識や、解けるようになった問題が、記憶として確実に「定着」した後で、ある程度の時間が経過した後でも問題を解ける状態を「できる」と呼びます。スタディパークでは、「実践」して間違った問題に注目し、以前の内容に立ち戻ったり、「理解」を深めたりすることでまず解けるようになり、「定着」の確認を行うことで、真に「できた!」と言える子を育てていきます。

スタディパークでは、中学生を対象としていますが、ここで教える「勉強のフォーム」は直近の高校受験のみならず、その先の大学受験、ひいては一生ものの勉強のフォームを形成するものです。中学生のうちに人生の財産となる正しい「勉強のフォーム」を身につけ、真に「できた」と言えるようになりましょう。

スタパーの特徴

特徴① 生徒さんの状況に合わせて柔軟に対応できるシステム

“受講教科と受講コマ数の組み合わせが自由”

スタディパークの授業システム

スタディパークでは、最初に簡易カウンセリングを行います。その際に伺った生徒さんの学習面での悩みや目標と診断テストの結果を踏まえて、先ずはこちらからおすすめの通塾スタイル(受講した方がよい教科とコマ数)を提示します。ただし、あくまでもおすすめですので、強制ではありません。基本的には、生徒さんの受講したい教科を1教科から受講することができます。また、1教科2コマ以上でしたらお好きなコマ数で受講できます。

“生徒さんの予定に合わせて通塾が可能”

通塾教科とコマ数の決定の後に、以下の時間割のの中から、お好きな曜日・時間を生徒さん自身に選んでもらいます。委員会、部活動、習い事などの予定と調整して、毎週通塾可能な時間帯を決めてもらいます。スタディパークでは学習習慣の構築と学習効果の向上のため、週2日以上通塾してもらうのが原則となります。定期試験などの対策の際は、の所でも受講することができます。

特徴② それぞれのニーズに合わせた対策授業

(1)定期試験対策

茅ヶ崎市内の第一中学校、梅田中学校、浜須賀中学校,松林中学校、円蔵中学校、西浜中学校、鶴嶺中学校にお通いの方スタディパークは各学校に合わせた定期試験対策を行っています。過去の定期試験の問題を分析し、その年の進度や試験範囲に合わせて、カリキュラムを練っていきます。このコースは試験の2週間前から開始され、通常コースから切り替えて実施します。

定期試験対策

(2)志望校対策

神奈川県立高校や私立高校の受験をお考えの方には志望校対策を行っていきます。通常授業では、中学校で学ぶべき内容を中学校よりも速く消化し、全範囲の内容が「できる」ようになったら志望校対策を開始します。単に過去問を解くだけでなく、弱点単元を早期に発見し、その部分の復習や強化を行います。県立高校を志望の方には面接シートの書き方から、実際の面接練習も行って本番に備えます。

志望校対策

特徴③ 通常よりもお得なパック授業

“主要3教科パック”

「英語・数学・国語をバランスよく学習したい」とお考えの方には、主要3教科パックのコースが通常の受講よりもお得になっております。英国数それぞれ2コマを週3回の通塾の中で実施します。こちらのコースは中学1年生から開設されていますので、私立高校の受験をお考えの方も、どこを受験するかお悩みの方も、先ずはこちらのコースから始めてみてはいかがでしょうか?

“県立高校受験パック”

「個別指導塾で5教科通うのは予算的に厳しい」とお考えの方、スタディパークは通常の受講よりもお得な価格で全教科セットの県立高校受験パックのコースを開設しています。こちらは中学3年生から受講可能なコースで、5教科の授業を週3回以上の通塾の中で実施します。また、5教科の授業以外にも、模試の対策、模試の解き直し、志望校の過去問対策、志望理由書の書き方指導、面接対策、進路面談といった県立高校受験に必要な全てを行います。

志望校対策

パック授業

※料金はお問い合わせください。

無料相談・無料体験 実施中!

勉強法が定着し通塾を心待ちに!合格への扉はここから!
現状や勉強についての悩み、今の塾に対する不安、個別相談を希望される日時などお気軽にご相談ください。

無料面談・無料体験・お問い合わせ

PAGETOP