春日部教室ブログ

卒業生が語る:県立浦和高等学校紹介①【動画あり】STUDY PARK (スタパー)情報

県立浦和高等学校

OBが語る!県立浦和高等学校①

こんにちは。

このシリーズでは趣向を変えて、講師が出身校のことを赤裸々に語っていきたいと思います!

今回紹介するのは、埼玉県さいたま市にある県立浦和高等学校!

浦高OBが①校風②行事③教育④入試の四本立てで公開していくので是非見ていってください。

なお、この内容は私が在籍していた約2年前までの内容ですので、現状と異なる点があるかもしれませんがご了承下さい。

①校風

県立浦和高校はJR北浦和駅から徒歩約10分の住宅街にある伝統校です。

埼玉県の津々浦々から優秀な生徒がやってくるので、中には電車で2時間かけて登校する生徒もいました。

浦高生はなんと言っても「勉強、部活、学校行事」全てに全力を注ぎます。

高校に入ってから「少なくとも三兎を追え」と耳にタコができるほど聞きました…放課後は校内の至る所で浦高生が部活に熱心に取り組んでいます。

勉強と学校行事については次回以降のブログで詳しく紹介していきますね!

校則はほぼなく、生徒個人個人に委ねられています。そのせいか、冬になると学ランの下にパーカーを着る生徒が多いです。

また下校時刻は一応21時と定められていますが、これも正直あってないようなものです。

課題に追われ、寝袋を持参して浦高に泊まっている生徒も少なからずいます。(因みに私の同期に聞いたところ約8割の生徒が一度は泊まったことがあるそうです)

これらも一種の浦高独自の文化ですね!

生徒は活発な人、大人しい人、一風変わった人などいろいろな人がいますが個性的な人が多く、一見まとまりがないように思えます。

しかしテスト勉強、行事などにはクラスで一致団結して取り組みます!

社交的な生徒が多く、他クラスの人とでも友達になりやすいと思います!

こうして自然といろいろな繋がりができていきます。

また、自分の意見をしっかり持った生徒が多く、議論が活発になりやすい印象があります。

いかがでしたか?

次回は私が思い出に残っている行事ベスト5を紹介したいと思います!

お楽しみに!


20191116浦和高校トライ『八重雲起る』

↑お問い合わせはこちらからどうぞ↑
View this post on Instagram

スタパー消しゴム

A post shared by Mitt Nakamura (@n_pal_study_park) on

友だち追加
STUDY PARK と1:1でつながろう!イベントのお知らせやお得なキャンペーン情報が手に入るよ!スタンプ送信で割引特典あり! 
【他の人とはつながりません】

タグ

無料相談・無料体験 実施中!

勉強法が定着し通塾を心待ちに!合格への扉はここから!
現状や勉強についての悩み、今の塾に対する不安、個別相談を希望される日時などお気軽にご相談ください。

無料面談・無料体験・お問い合わせ

PAGETOP